[PR]

 トレーニングジムを展開するRIZAP(ライザップ)グループは26日、グループの全社員やジムのトレーナー、全利用客を対象に、新型コロナウイルスの抗体検査を実施すると発表した。検査の費用はRIZAPが負担する。現在または過去に感染した可能性を調べることで、より安心してサービスを利用してもらう狙いがある。

 抗体検査は血液中の抗体の有無を調べる検査で、対象者は社員とトレーナー計約6500人と全国の店舗の利用客。5月末から実施し、客には準備が整い次第、順次提供するという。新規入会者も含み、検査を希望しない客は除く。検査は自宅に届く専用キットを利用する。

 陽性者が出た場合、速やかに対象者を隔離したり店舗を閉鎖したりして感染拡大を防ぐとしている。また、検査データは医療機関に提供、分析し、学会で発表する予定。グループでは現在、86店舗が営業を再開したが、105店舗は休業中という。