[PR]

 京都の繊維メーカー、ミツフジが、100回の洗濯に耐えられ、繰り返し使えるというマスクを売り出した。すでに「50回洗える」をうたったマスクを売り出していたが、さらに耐久性を高めた。公式オンラインショップ(https://mitsufujishop.jp/SHOP/hamonAG002.html別ウインドウで開きます)で予約を受け付ける。1枚税別3千円で、1回の注文で買えるのは10枚まで。6月末から発送を始める。

 西陣織づくりがルーツのミツフジは、医療向けに菌の繁殖を抑える衣料素材や、抗菌・防臭の効果があるという繊維の銀めっき技術を開発してきた。新型コロナウイルスの感染拡大でマスクの需要が増えていることから、自社技術を生かし、新たにマスク用の素材をつくって商品化した。

 新しいマスクは、従来品を使った客から「洗濯できる回数を増やしてほしい」という要望があったことから開発した。従来品は生地が2層構造だが、「薄い夏用のものを」という声もあり1層に。着用時により涼しくする一方、素材の耐久性は上げ、洗濯できる回数を増やした。

 ミツフジは三寺歩社長の祖父が1956年、西陣織を祖業に京都府で創業。需要の落ち込みで一時は経営が危ぶまれたが、独自の織物の技術に、三寺社長のITの知見を組み合わせ、着るだけで体の状態がわかる「ウェアラブル端末」の開発や製造で立て直した。「100回洗える夏マスク」は、「繊維業のノウハウとウェアラブル技術を融合させたもの」だという。

 マスクは同社の福島県の工場で月10万枚を生産する予定だ。(榊原謙)