[PR]

 ――灼熱(しゃくねつ)のタクラマカン砂漠。

 楼蘭遺跡の陰で涼みつつ、一同は三田村要造の声に耳を傾けている。

 マリアが唇を嚙(か)み、「十二回目の世界ですね……。わたしは楼蘭にたどり着いた間久部緑郎を介抱し、騙(だま)された! そしてこの男に火の鳥の首を奪われたのです」と言った。緑郎が「いやぁ、覚えていない……」ときょとんとして答える。

 三田村要造が再び話しだした。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら