[PR]

 「ガスト」や「バーミヤン」を展開するすかいらーくホールディングスは26日、7月1日から深夜営業を原則廃止すると発表した。約2600店が対象で、夜11時半閉店になる。深夜の来客数はもともと減る傾向で、同社は2012年から徐々に深夜営業を短縮してきた。24時間営業は今年3月1日までに全店ですでに廃止。新型コロナウイルスの感染終息後は深夜利用がさらに減るとみている。一方で、テイクアウトも含めてランチやディナーの来客数は増えるとみて、深夜帯の従業員をシフト変更させて対応する方針だ。(若井琢水)