拡大する写真・図版移転されることになった大田洋子文学碑=2020年5月21日、広島市中区、宮崎園子撮影

[PR]

 原爆投下後の惨状を記した「屍(しかばね)の街」で知られる作家、大田洋子(1903~63)を顕彰する広島市の中央公園の文学碑が、サッカースタジアム建設のため園内で移転されることになった。碑は過去にも移設されており、移転は2度目。

 大田は広島出身。東京で小説家として活躍していたが、広島市の妹宅に疎開中に被爆した。そのとき目の当たりにした光景を「作家の責任」だとして直後から書いた。原爆投下から24日後の1945年8月30日付朝日新聞に寄稿が掲載されている。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら