[PR]

 新型コロナウイルスの影響で青森ねぶた祭が中止となり、主たる収入がなくなったねぶた師を支援しようと、県内の大学教授ら有志が26日、クラウドファンディング(CF)のプロジェクトを開始した。半日足らずで第1目標額(150万円)を大きく上回り、期限の6月末日までの次の目標額を2500万円に設定。大型ねぶたを制作する14人のねぶた師への支援を呼びかけている。

 ねぶた関連グッズを開発し、ねぶた師に売り上げの一部を還元してきた青森市在住の内藤亘さんが、プロジェクトの事務局を務める。ねぶた師たちの「やることも収入もなくなってしまった」「すべてゼロ」といった深刻な言葉を耳にして、「(支援に)動かなきゃ」と思ったという。プロジェクトの代表には社会学の視点からねぶたを研究する青森公立大の佐々木てる教授が就いた。

 支援は1口3千円から。3万円以上の支援をした人には、ねぶた師によるオリジナルの色紙やねぶたの面などの返礼品が額に応じて贈られる。内藤さんは「ねぶたの文化を未来につなげていくため、支援をお願いしたい」と話している。

 CFのホームページのアドレスは(https://readyfor.jp/projects/nebutashi別ウインドウで開きます)。(武沢昌英)