[PR]

 妖怪「アマビエ」ならぬ「ネコビエ」の御朱印を、ネコ寺として知られる山口県萩市の雲林寺がつくった。

 アマビエは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、疫病封じとして話題に。約600体のネコグッズが境内に並ぶ雲林寺の角田慈成住職が企画し、自らパソコンでデザインした。

 顔はネコ。首に鈴を付け、正面をにらんで立っている。寺は現在も拝観休止中だが、角田住職は「手にとった人の気持ちが安らげばうれしい」。

 希望者は300円分の切手を同封して郵送で申し込む。31日まで(消印有効)で1人1通。問い合わせは雲林寺(08388・6・0307)。(林国広)