拡大する写真・図版緊急事態宣言解除から一夜明けた26日昼、東京・渋谷には多くの人が行き交っていた=2020年5月26日午後1時59分、東京都渋谷区、藤原伸雄撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された翌26日、首都圏はそろりと「日常」へ戻り始めた。東京の繁華街では、以前のような人波が見られた時間帯も。とはいえ、感染第2波への危機感もあり、マスク姿はまだ多い。

 首都圏の1都3県は、4月7日に宣言が発せられ、約1カ月半にわたって不要不急の外出自粛や休業の要請が続いていた。

オンラインより…

 午後7時の東京・新宿。

 この日は、飲食店への時短営業要請が午後8時から午後10時までに緩和された初日だった。が、アルタ前は人影まばらだった。近くのイタリア料理店の前で呼び込みに立っていた店員(32)は「2時間だけ延長されても客足は昨日と変わらない。さみしい街並みになった」。

拡大する写真・図版退勤時間にマスク姿で新宿駅方面に向かう人たち=2020年5月26日午後6時22分、東京都新宿区、遠藤啓生撮影

 それでも立ち飲み屋では、仕事終わりの3人組が乾杯していた。全員が外での飲酒は2カ月ぶり。川崎市の男性会社員(43)は「オンライン飲み会もやったけど、やっぱり外で誰かと飲む方が全然いい。営業時間の延長は歓迎」と、ビールをおかわりした。同僚の女性(37)は「オンラインより、断然リアル飲みがいい」と言いつつ、不安も感じるという。「もし外で飲んだ後に感染がわかったら、責められそうで……」

 午後9時前に駆けつけた男性会社員(36)は、「延長のおかげで仕事終わりでも外で飲める」と話し、ビールを注文した。

 この日から営業時間を延ばした近くの居酒屋「KICHIRI新宿」は、前日の2倍の客入りだという。

 店内は「コロナ前」とは様変わ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら