拡大する写真・図版差し押さえを受け、公売にかけられた久宝寺の墓地=2020年5月10日、名古屋市千種区

[PR]

 名古屋・大須にあった古刹(こさつ)・久宝寺が税金の支払いを滞納したとして、名古屋国税局が寺の墓地を差し押さえ、公売にかけた。異例の事態に、檀家(だんか)は怒りと戸惑いを隠せない。なぜこんなことになったのか。

 きっかけは、住職が抱いた将来の経営不安だった。

 「檀家(だんか)は100軒ほど。人口減で減り、家族葬が増えて葬式も減っている。このままではお先真っ暗だ」

 住職は2012年、安定した収入を得るため、大須商店街の中心にあった寺を、本堂兼マンションに建て替えることを決めた。工事代金約4億9千万円で14年に完成。11階建て約30部屋、最上階に本堂を設けた。

 しかし、寺の資金繰りはすでに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら