[PR]

 奈良市立富雄北小学校と右京小学校の児童が使っている横断歩道橋2カ所で、それぞれ約28年前、約45年前から定期的な安全点検がなされていなかった。市は20、21日に点検を実施。安全性に問題はなかったが、一部補修が必要とみられる。学校の横断歩道橋の安全点検を定める明確な規則がなく、市の担当部署も点検の必要性を認識していなかったことが原因だという。

 富雄北小学校には1992年に完成した歩道橋があり、右京小学校には75年以前に建てられたものと思われる歩道橋がある。富雄北小のものは校舎と離れた場所にあるグラウンドに児童が移動するため、右京小のものは児童の通学路として使われている。

 道路法などによると、道路施設…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら