[PR]

 全国が緊急事態宣言下だった5月上旬、一人の母親の投稿が新聞に掲載されると、翌日から編集部に続々とマスクが届き始めました。まだ外出自粛や感染の恐怖に人々の心が張り詰め、誰もが我先にとマスクを求めた当時、何があったのでしょうか。記者が取材しました。

拡大する写真・図版コロナ禍で誰もがマスクを必死に手に入れようとしていた時期があった

 川崎市の石渡ひとみさん(65)の投稿が朝日新聞(東京本社版)の「ひととき」欄に載ったのは、5月6日のことだった。こんな投稿だ。

ドアノブにかけられていたマスクは……

◇ドアノブのマスク

 33歳の息子は自閉症で、グループホームで生活しながら、障害者雇用の職場に電車通勤している。緊急事態宣言もよく理解し、マスク、手洗い、人と離れるなど、几帳面(きちょうめん)な性格から感染対策は抜かりない。

 週に1度帰宅する息子にマスクを7枚ずつ渡しているうちに、買いおきは底をついた。通販サイトで注文したが1カ月たっても届かない。これほどのマスク不足を予想できず、布マスクの洗い方までは彼に教えてこなかったのだ。友人たちに聞いてもマスク情報はなかなか得られず、少しずつ分けてもらうのだが、すぐ足りなくなる。困った。

拡大する写真・図版朝日新聞「ひととき」欄に載った投稿「ドアノブのマスク」

 先日の晩、玄関のドアノブに小さな紙袋がかかっていた。中にはマスク7枚入りの箱と、走り書きが入っている。「勤め先の近くの薬局で売っていたのを、こっそり2回並んでゲット! マスクの通販詐欺も横行しているらしいから」

 息子の子育てを見守ってくれてきたママ友からだ。思わず涙が出た。マスクをもらって泣くなんて生まれて初めてだ、と泣き笑い。

 自粛の日々、人と人が離れても、心のぬくもりは伝わる。いつだって息子のおかげでやさしさに出会えるのだ、と改めて思った。(投稿はここまで)

反響続々「子育ての背中、見せてもらった」

 掲載後、数多くの反響が編集部に届いた。読者は投稿のどこに心を打たれたのか。

 「家にあるマスクを送ってみよ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら