「宿題多すぎ」家庭が悲鳴 募るイライラ、夫婦げんかも

有料記事新型コロナウイルスニュース4U

杉原里美、西村悠輔
[PR]

 新型コロナウイルスの影響による長期休校を受けて、学校から渡された時間割や宿題に、保護者や生徒らが悲鳴を上げている。悩みや疑問を募って取材する「#ニュース4U」のアンケートでは、5月の連休明けに宿題が「増えた」人が約7割で、約4割が「多すぎる」と回答。宿題をみる負担が母親に偏っていることも判明した。一方、国の方針に従って家庭学習を課す教員の悩みも深い。

「評価に使われる以上、手は抜けない」

 アンケートは20日時点で「特定警戒」に指定されていた8都道府県の小中高生や保護者に向けて21~22日、ニュース4UのLINE公式アカウントの「友だち」を対象に実施。計495人が回答した。

 宿題の量については、約36…

この記事は有料記事です。残り1834文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]