[PR]

 英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイさん(72)が25日、自身のインスタグラムに動画を投稿し、今月、心臓発作を起こして手術を受けていたことを明かした。

 動画によると、メイさんは40分間にわたって胸の痛みや発汗をおぼえ、医師に連絡。医師に病院まで連れて行かれ、検査で異常が見つかった。小さなチューブを血管に入れて広げる手術を受け、回復したという。

 メイさんは動画で「自分はとても健康だと思っていたが、3本の動脈がつまって心臓への血液の供給を妨げるおそれがあった」と説明。「私は実際に死に近かったが、死ななかった」と述べ、健康に自信がある人も検査を受けるよう呼びかけた。(ロンドン=下司佳代子)