[PR]

 事件発生から10カ月。アニメ制作に夢をかけた監督やスタッフら36人が犠牲になった京都アニメーション第1スタジオの放火殺人事件で、自らも重いやけどを負って入院していた青葉真司容疑者(42)が27日、逮捕された。多数の命が奪われた事件の全容解明に向けた捜査が本格化する。

 青葉真司容疑者の逮捕を知った遺族は、複雑な心境をのぞかせた。

 亡くなった津田幸恵さん(当時41)の父、伸一さん(70)は、兵庫県加古川市の自宅で報道各社の代表取材に応じた。「7時半ごろに警察から『逮捕した』と聞いたが、今日か、と思うくらいで何も感じなかった」と言う。

 幸恵さんは、高校卒業後に大阪府内のアニメ専門学校に進み、色彩について学んだ。京都アニメーションでは約20年間働き、色の仕上げを担当。「響け!ユーフォニアム」など多くの作品にかかわった。

 事件発生から10カ月。伸一さんは何もする気力が起きず、頭に浮かぶのは幸恵さんの最期の瞬間ばかりという。「怖かったやろうとか、苦しかったやろうとか、つらいことが思い出されるのが一番こたえる」と涙ぐむ。

 今後、青葉容疑者の裁判が開かれても、「動機がどうあれ、幸恵が受けた苦しみは変わらない」と傍聴には行かないつもりだ。

 亡くなった20代の女性社員の祖父(70)は車で仕事に向かう途中、ラジオで青葉容疑者の逮捕を知った。

 「事件から1年近くになる。なかなか逮捕されずもやもやしていたので、ようやくという気持ちだ」

 事件以来、家族は毎日悲しみに暮れつつも、青葉容疑者の様子が気になっていた。「容疑者の姿は見たくないが、なぜこんなことをしたのか、はっきり知りたい」。裁判があれば傍聴したいと思っているという。

青葉容疑者、担架で署内へ

 青葉真司容疑者(42)は27…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら