[PR]

 Jリーガーで初めて新型コロナウイルスの感染を公表したJ1神戸のDF酒井高徳(29)が27日、練習後にオンライン上で取材に応じ、練習ができる喜びや約1カ月にわたる入院生活で感じたことなど今の心境を語った。

 「サッカーに関われない日々が続いていた。芝生の上で仲間たちとボールを蹴ってプレーできる喜びをかみしめている」。25日からグループ練習を再開し、一歩ずつ前進している。

 3月30日に陽性反応が出て入院し、4月25日に退院した。「医療関係者もリスクがある中で治療してくれた。感謝の気持ちしかない。健康で病院を出られたことが一番幸せなこと」と振り返った。

 自身のコンディションについて…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら