eスポーツと北海道の意外な関係 次は高齢者も取り込め

有料会員記事

能田英二
[PR]

 広大な北海道で「eスポーツ」? 仮想現実でのゲームがスポーツになったときから、北海道はその先端にいる。eスポーツと北海道の意外な関係とは――。

リアルスポーツのプロチームが初参戦

 プロバスケットボール・B1リーグ「レバンガ北海道」。eスポーツのプロチーム「LEVANGA☆SAPPORO」を立ち上げて3季目を迎えた。

 対戦型カードゲームの「シャドウバース」のプロリーグが始まったのが2018年。その年、レバンガはプロスポーツチームとして初めて参入し、さっそくシーズン優勝を果たした。

脱サラして挑戦

 きょうま選手(27)は、1年目からチームに所属する「脱サラ」選手だ。大学生の頃、このゲームに出会った。サラリーマンだった2018年1月、大会に出場してトップを取った。賞金は100万円だった。

 そんな頃、プロリーグが発足した。レバンガの公募に応じた。勤務先の上司に退社を告げると、「プロゲーマーって何だよ?」。

 囲碁はアマ5段の腕前。「上には上がいた」と、囲碁では届かなかった「プロ」という夢。「勝負の世界で試合をできるのは楽しい」

レバンガ、参戦のワケ

 バスケットという、リアルなスポーツチームであるレバンガがeスポーツに参入したのはなぜか。

 横田陽CEOの説明は明快だ…

この記事は有料会員記事です。残り1661文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら