[PR]

 店主の家族が新型コロナウイルスに感染したとのうその情報をインターネット上に書き込んだとして、福島県警須賀川署は27日、須賀川市東作、会社員渡辺岳司容疑者(54)を名誉毀損(きそん)と業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「職場のうわさを信じて書き込んだ」と容疑を認めているという。

 県警によると、渡辺容疑者は4月2日~3日、インターネットの掲示板に数回にわたり、市内にある商店の店主の家族が新型コロナウイルスに感染したと虚偽の内容を書き込み、同店の名誉を傷つけ、業務を妨害した疑いがある。同掲示板では感染者の身元を特定しようとする投稿が相次いでいた。店には無言電話や真偽を確かめる電話があったという。

 県警はIPアドレスなどから渡辺容疑者を特定したという。(小手川太朗)

「お孫さん、感染したんだって?」

 被害にあった須賀川市の商店の店主女性(67)が27日、朝日新聞の取材に応じた。

拡大する写真・図版逮捕された男のインターネットの掲示板への書き込み

 女性は夫と2人暮らしで、店を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら