「トイレ清掃は教職員で」 名古屋市の通知に疑問の声も

有料記事新型コロナウイルス

花野雄太
[PR]

 学校のトイレ清掃について、名古屋市教育委員会が全市立学校に対し、教職員が実施するよう通知したことがわかった。日々の清掃は児童生徒が担当してきた学校が多いが、新型コロナウイルス感染防止のため教職員に清掃させるという。学校現場からは疑問の声も出ている。

 通知は26日付で市立の幼稚園、小中高校、特別支援学校全418校園(分校などを含む)に出した。留意点として「当分の間、トイレ清掃は児童生徒ではなく教職員で実施する」「大便にウイルスが含まれているという報告があることを念頭に清掃を行う」などを挙げ、使い捨て手袋、エプロン、フェースシールド、次亜塩素酸ナトリウム溶液といった必要物品を例示している。

 清掃方法の例として「水は極力使用しない」「飛び散った大便を処理するときには、ウイルスが飛び散らないように、大便をトイレットペーパーやペーパータオル等で静かに拭き取る」などと記している。

 市立中学の男性教諭はこの通…

この記事は有料記事です。残り529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]