[PR]

 NHKは27日、来年春に始まる朝の連続テレビ小説が「おかえりモネ」に決まったと発表した。ヒロインは、俳優の清原果耶さん(18)が務める。

 脚本は、ドラマ「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子さんのオリジナル作品で、東日本大震災10年の節目の年に放送する現代ドラマ。宮城県を舞台に気象予報士を目指す主人公を描く。清原さんは「気象予報士のお仕事を通して助けられる誰かを、大切な人を笑顔にしたい」とコメントしている。

 今年秋ごろから宮城県気仙沼市や同県登米市などで撮影が行われ、来春から半年間、放送される予定。