[PR]

 北海道東部、釧路湿原国立公園の上流部に位置する鶴居村で、日本在来馬種の道産子(どさんこ)(北海道和種)が伸び伸びと育っている。夫婦2人で営む、つるい平田牧場は出産期を迎えている。

 真っ青な空のもと、小山に囲まれ、起伏にとんだ牧場を四輪駆動車で駆け上がると、青々とした牧草地が広がっていた。雌阿寒岳や雄阿寒岳の山頂部が遠くに望める。人工池の近くに真っ白なタンチョウが1羽、翼を休めていた。カラマツの林、雪裡(せつり)川の清流、小道のわきのコゴミやフキ――。風光に包まれる。

拡大する写真・図版雪裡川の清流=北海道鶴居村

 国の特別天然記念物・タンチョウの生息地として知られる鶴居村。酪農が盛んな村内でも平田牧場は格別に広く、東京ディズニーランドの3倍近い約136ヘクタールある。あるじの平田忠幸さん(74)と祐美子さん(70)の夫婦が馬たちの世話に追われている。

拡大する写真・図版道産子を世話する平田さん夫婦=北海道鶴居村

 柵で囲われた「パドック」には…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら