[PR]

 トヨタ自動車は6月1日から始まる2021年春入社の新卒採用で、オンライン面接を導入する。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙いだ。インターネットを使った面接はトヨタでは初めてという。海外など遠方に住む学生が応募しやすくなりそうだ。

 対象は総合職にあたる「事務職」と「技術職」。エントリーシートを提出する1次選考の次に、2次選考と最終選考がある。今回は全ての面接をオンラインで行い、会社側は学生と直接顔を合わせることなく内定を出す。

 20年4月には事務職、技術職で中途採用も含めて約470人が入社。21年春も同程度の採用を計画しているという。トヨタは3月以降、企業説明会などの採用イベントを中止している。(石塚大樹)