[PR]

 東北きっての古刹(こさつ)・天台寺(岩手県二戸市)の本堂と仁王門の解体復元工事が終わった。本堂と仁王門を本格的に修理したのは、1650年代に建造されてから初めて。6年半ほどに及ぶ工事のなかで、いくつかの史実が明らかになった。

 これまでも修理は定期的に行われてきたが、腐食や老朽化で建物が傾くなどしたため、2013年、大規模な工事に乗り出した。本堂は柱以外は解体し、仁王門はすべて解体して19年末に完成。20年3月に防災設備の工事を終えて先月、説明会を開いた。

 工事の過程で、新しい発見があった。

 本堂は建立当初の屋根がスギ、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら