[PR]

 日本高校野球連盟は27日、第102回全国高校野球選手権大会の中止を受けて、各都道府県高野連が検討している独自の大会や試合で活用してもらう実施要項と新型コロナウイルスの感染防止対策ガイドラインを発表した。この日オンラインで行われた理事会で承認された。

 実施要項では開催の前提として、緊急事態宣言が解除されていることや、各地の教育委員会の休校措置、部活動制限の枠組みの中で実施することなどを定めた。原則として無観客試合とし、試合時期は8月末までに終了することとした。

 運営面では、感染リスクを下げるために組み合わせ抽選会は代理抽選が望ましいとした。1回戦のみ行う、トーナメント方式など試合方式やベンチ入りの人数、大会名も都道府県高野連が決める。選手の健康管理を目的にイニング短縮、時間制限なども可能にした。1週間500球の投球制限は導入する。

 感染防止対策ガイドラインは都道府県高野連に配布し、大会開催に活用してもらう。ガイドラインでは参加校全員の検温や「3密」(密閉・密集・密接)の徹底的な回避を求めた。球場に消毒液を置き、運営スタッフはマスクを着用する。

 大会は都道府県高野連が主催。日本高野連と朝日新聞社は後援し、都道府県高野連に総額1億9千万円の財政支援をすることも発表された。記者会見した日本高野連の八田英二会長は「すべてを都道府県連盟に任せるのではなく、高校野球の社会的責任を考え、ともに開催に向けて進んでいくことが大切だと考えます」と語った。

本社も後援

 朝日新聞社は都道府県高野連が開催を予定している独自の大会を後援します。例年補助金を出してきた暑さ対策に加え、新型コロナウイルスの対策費や、無観客試合に伴って減収が予想される運営費の一部を補助する財政的支援に取り組みます。