[PR]

 新型コロナウイルスの影響で休園中の栃木県日光市の「東武ワールドスクウェア」で、6月1日の営業再開に向けて展示物の点検や清掃が始まった。

 約70人の社員が25日朝に集まった。水抜きされている港には豪華客船の「ふじ丸」が横付けされ、スタッフが高圧洗浄機を使って床面やレール、船舶の底面部分を丁寧に洗浄した。

 テムズ川にかかるタワーブリッジが人気のヨーロッパゾーンでは、水をためた川の中にスタッフたちが入り、船舶をレールに設置して破損や航行状況を入念にチェックしていた。

 大塚愛子広報課長は「感染防止…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース