[PR]

 日本銀行が年内にも日本の株式市場最大の大株主となる見通しだ。27日発表した2019年度決算で、株式に幅広くお金を投じる上場投資信託(ETF)の3月末の保有額(時価ベース)が前年比7・9%(2兆3千億円)増の約31兆2千億円になった。新型コロナウイルスによる経済危機で、日銀は保有額を一層増やす。近く年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を上回ることになる。

 ETFは日経平均などの株価指数に連動させる金融商品。幅広い銘柄を買うことになり、日銀は間接的な株主になる。中央銀行が株式市場へお金を投じるのは先進国では異例の対応だ。

 3月末時点の保有額は、東京証券取引所1部上場企業の時価総額の5・8%の規模。ニッセイ基礎研究所の井出真吾氏の試算では、ETFを通じて日銀が10%以上持つ企業数は3月末時点で56社に及ぶ。前年の37社を大きく上回る。

 国内株式市場で最大の保有者は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら