[PR]

 容疑者は逮捕されても、あの人は戻ってこない――。京都アニメーション第1スタジオの放火殺人事件で、青葉真司容疑者(42)が27日、逮捕された。遺族は10カ月前のあの日を思い出し、涙を流しながら、「本当のことを言ってほしい」と願った。

 「やっと逮捕された。安心して」。亡くなった石田奈央美さん(当時49)の両親は同日、京都市内の自宅で報道各社の代表取材に応じ、逮捕を知らされた時の心情を語った。

 京都府警から電話があったのは午前7時20分ごろ。母(79)はその後、自宅3階にある奈央美さんの部屋に置いた仏壇にお茶やご飯を供え、報告したという。父(84)も「少しは浮かばれたのでは」と話す。

 アニメの色を決める色彩設計を担当していた奈央美さんは、「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や「氷菓」など数々の人気作に関わった。

 母は「頭では亡くなっていることは分かっているが、まだ生きている感覚がある。ほんま涙が出てくる」と声を詰まらせる。

 今後、裁判が開かれれば、青葉容疑者の口から動機が語られることを願っている。「何を恨んでいたのか。たくさん人がいたところを狙ったというが、本当のことを言ってほしい」

 兵庫県加古川市の自宅で代表取…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら