[PR]

 新型コロナウイルスの感染リスクを感じつつ、ゴミの収集にあたっている職員らへ励ましのメッセージが相次いでいる。愛知県北名古屋市では、収集袋に紙で貼ってあることが多く、職員たちは大事に持ち帰っている。

 人口約8万6千人の同市では、日曜を除き、可燃ゴミと不燃ゴミを指定日に収集しており、民間委託も含めて15台前後の収集車が1日に約60トンのゴミを集めて回っている。

 メッセージが書かれた紙が袋に貼られるようになったのは4月下旬ごろから。多くは、職員の体を気遣う内容だ。「コロナウイルスの感染には皆さん気をつけてください」「コロナにまけないでがんばって下さい」……。メモ用紙などに油性ペンで書かれたものが目立ち、犬や猫、人の笑顔のイラストが入った子どもからとみられるメッセージもある。「感謝」という言葉が入った文面も多い。差出人の名前、住所は分からないことがほとんどだ。

 市によると、緊急事態宣言が出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら