[PR]

 三重県伊賀市西山に広がる「西山の棚田」が、国の指定棚田地域に指定された。棚田を「国民共有の財産で宝」と位置づける棚田地域振興法に基づく認定。過疎、高齢化が進む地元の住民たちは「地域の活性化に生かそう」と意気込んでいる。

 棚田の維持や保全、地域の振興を目指す棚田地域振興法は昨年8月に施行された。都道府県の申請を受けて地域が指定される。国や県などから交付金の優遇措置を受けられ、地域主体の棚田保全の活動資金が調達しやすくなるという。

 西山地区の棚田は標高約160メートル~約310メートルの斜面にある。近くの高旗山からきれいな水が流れ込み、粘土質の土で寒暖差も大きいため、おいしいコシヒカリが収穫できる。初夏の夜には棚田の上をホタルが飛び交うという。26ヘクタールが指定棚田地域に指定され、市によると、県内では初の認定になる。

 地区人口は約400人で65歳…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら