拡大する写真・図版落語家の桂吉弥さん=2020年5月14日、大阪市北区

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちのくらしや社会を大きく変えました。直面する不安に、どう向き合い、乗り越えていけばいいのか。各界で活躍する人たちに尋ねました。

 まさか、こんなことになるとは。1年前は「吉弥十八番」(6日間連続独演会)をしていました。今回、中止・延期になった落語会は50以上あります。

 これまで落語会やテレビ、ラジオ、新聞の原稿……仕事でずっと立ち止まることができなかった。ようやく着物や帯、扇子、手ぬぐいといった落語で使う道具やネタ帳、資料などの整理に取りかかりました。家族とも、めちゃめちゃ一緒にいるようになった。晩ご飯を一緒に食べるのは週1回ぐらいでしたけど、ずっと3食一緒です。

かつら・きちや 落語家。1994年に故・桂吉朝に入門。芸術選奨文部科学大臣新人賞、文化庁芸術祭優秀賞、繁昌亭大賞などを受賞。NHK「バラエティー生活笑百科」などに出演している。昨年5月に大阪で6日間連続独演会「吉弥十八番」を開いた。

ネット配信に挑戦

 落語会がないからこそ、稽古をしたり、新作を作ったりしたらと家族に言われます。でも、お客さんの前でやる機会がないと、稽古する気にならんというのが正直な気持ち。それで、きっかけを作ろうとユーチューブを始めたんですよ。

拡大する写真・図版6日間連続独演会「吉弥十八番」で桂吉弥さんが披露した新作落語「にょろにょろ」。キャッチボールのしぐさで始まった=2019年5月、大阪市北区、滝沢美穂子撮影

 ネタクリ(落語の練習)を公開する形ですけど、「興味を持ちました」という声をもらった。これまで落語を見たことのなかった人に見てもらえる。字幕をちゃんと入れたら、耳が不自由な人にも見てもらえるかもしれない。今まで考えてこなかったけど、落語を体験してもらうのにすごくいいなと気づきました。

オンライン落語の可能性
Zoomで初体験した自宅からの落語。後半はそこで気づいたことやこれからについて語ります。

 初めてZoom(ズーム)(オ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら