制限緩和、早すぎたのか 第2波?イランで再び感染者増

[PR]

 イランで「第2波」ともいえる新型コロナウイルス流行が起きている。4月に経済活動や移動の制限を緩め始めてから1カ月余り、一時は800人程度まで減った1日あたりの新規感染者数は3倍近くに増えている。

 イランは中国に続いて早い段階で感染者が急増した国の一つ。25日までの累計感染者は13万5701人で世界で11番目に多い。3月5日に事実上のロックダウン都市封鎖)を始めた結果、1日3千人を超えていた新規感染者は3月末をピークに減り始め、5月2日には802人と最少を記録した。

 経済への悪影響を看過できなくなったロハニ政権が段階的な制限緩和にかじを切ったのは4月11日。すると新規感染者は今月21日に2392人に達し、おおむね2千人を超える水準まで戻ってしまった。

ここから続き

 一方、1日あたりの死者数は…

この記事は有料会員記事です。残り301文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]