ファーウェイ幹部、引き渡し審理継続へ 釈放実現せず

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 カナダ西部バンクーバーの裁判所は27日、中国通信機器大手・華為技術ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(48)の米国における起訴内容が、カナダでも罪に当たると判断した。中国政府が求める孟氏の釈放は実現せず、今後も引き渡し審理が続く。

 孟氏は2018年12月、米国の要請を受けたカナダ当局からバンクーバー空港で逮捕された。米国は翌月、孟氏がイランにある華為の関連会社について「取引先だ」と金融機関に虚偽申告をしたとして銀行詐欺と通信詐欺の罪で起訴。身柄の引き渡しを求めた。

 カナダから米国への引き渡しには、起訴内容が両国で罪となる「双罰性」が必要。今年1月にあった審理で弁護側は「起訴内容の本質は米国のイランに対する経済制裁で、カナダには同様の制裁がない」と訴え、双罰性を否定していた。

 裁判官は27日、「事件の本…

この記事は有料会員記事です。残り347文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら