【動画】時短営業要請が緩和されたイタリア料理店の「2時間」に密着=加藤諒
[PR]

 新型コロナウイルス対応に伴う、東京都の飲食店の時短営業要請の段階的な緩和が、25日に発表されたことを受け、都内では26日夜から早速、営業時間を延長する動きが見られた。営業時間を午後8時から、午後10時まで2時間延長した東京・築地のイタリア料理店で、「2時間」の営業に密着した。

拡大する写真・図版東京都の時短営業要請が緩和され、この日から午後10時まで営業を延長するイタリア料理店「築地 ロドルフォ キッチン」。滝谷雄亮代表によると、緊急事態宣言の解除を受けて人出が戻りつつあると言うが、店の前を通る人はまばらだった=2020年5月26日午後7時28分、東京都中央区築地3丁目、加藤諒撮影

 「築地 ロドルフォ キッチン」(東京都中央区築地3丁目)は、六本木の老舗イタリアンレストラン「キャンティ」などで料理の修業を積んだ滝谷雄亮代表(40)が、都内の高級店を渡り歩き磨いた腕を、手頃な値段で楽しんでもらおうと、2018年に開業した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、店のドアは常時開放され、入り口には消毒液を設置。カウンター6席、テーブル14席で20人が利用できた店内は、感染症対策のため席の間隔を空け、対面を避ける配置にし、9人に限定されていた。

拡大する写真・図版東京都の時短営業要請が緩和され、この日から午後10時まで営業を延長するイタリア料理店「築地 ロドルフォ キッチン」。滝谷雄亮代表によると、緊急事態宣言の解除を受けて人出が戻りつつあると言うが、店の前を通る人はまばらだった=2020年5月26日午後8時、東京都中央区築地3丁目、加藤諒撮影

 午後8時。昨日までの閉店時刻を過ぎた。入り口近くのテーブル席では常連客の女性が「夏野菜のカポナータ(トマト煮込み)」を楽しみ、カウンターの奥では男女2人組が赤ワインのグラスを傾けていた。東京都の時短営業要請を受けて、4月13日から営業時間を午後4時から8時に短縮していた。飛沫(ひまつ)対策の透明シート越しに見つめていた滝谷さんは、「4時間の営業に慣れてしまった。たった2時間の違いだけど、体がきついですね」と苦笑いを見せた。

拡大する写真・図版東京都の時短営業要請が緩和され、この日から午後10時まで営業を延長するイタリア料理店「築地 ロドルフォ キッチン」。午後8時過ぎに店を訪れた女性客は、「この日2軒目のお店。この時間でもご飯を食べられるなんて」と笑顔で話した=2020年5月26日午後8時34分、東京都中央区築地3丁目、加藤諒撮影

 午後8時20分。近くのバーで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら