[PR]

 PCR検査の結果が陽性と判明し、新型コロナウイルスへの感染が確定したのは4月4日午後。呼吸器の持病がある夫(49)と、感染症の怖さが理解できない長男(3)、次男(1)がいる自宅マンションでの隔離生活は、すでに限界に近かった。

 この前日には、東京都の小池百合子知事が、病院の負担を軽減させるため、軽症者らをホテルなどの宿泊施設に移動させる方針を発表していた。私(37)は検査結果を伝えてくれた保健所の担当者に、こうしたホテルに入れないか聞いたが、「こちらもテレビを見て知っている程度です。現場にそんな話はまったくおりてきていません」との返答だった。

 「何が一番大変ですか」と聞いた担当者に「小さな子どもが2人いる。高齢の両親にも頼れない」と伝えると「配慮します」と言ってくれた。

 70代の義母は、私が陽性診断を受け、「自分も近々発症するかもしれない」と夫に言われると「その時は私が(子供を)預かる」と答えたという。義父とも相談し、2人で孫を受け入れる覚悟を決めた。だが、症状がなくても、子どもたちも感染している可能性はある。高齢者として重症化するリスクの高い義父母に預ければ、命とりにもなりかねない。

 どうすればいいのか、答えが見つからないまま、6日の夕方、保健所から電話がかかってきた。入院先が見つかったという。「今から約30分後に車で迎えに行きます。マスクをして家の前でお待ち下さい」。家族に感染させるリスクが減ることに、心からホッとした。夫も安心した様子で「ママ、病気を治しに行くんだよ」と子どもたちに説明していた。発症して10日目のことだった。

連載初回 幼子2人抱え、夫には持病が 感染した記者の60日間
記者(37)は3月、新型コロナウイルスに感染しました。家族に感染させないよう苦心した隔離生活、入院、退院後も続く症状。今も大勢の命を奪うウイルスの恐ろしさを実感し、感染者のニュースに心が痛みます。国内全域で緊急事態宣言が解除されましたが、第2波への懸念は残ります。記者の感染経路も分かっていません。経験を伝えることで、少しでも感染拡大を防ぐことにつながって欲しいと願っています。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら