[PR]

ごはんラボ カツオの中国風たたき

拡大する写真・図版カツオの中国風たたき=合田昌弘撮影

 売り場に並ぶ新鮮な魚に心ひかれながら、うまく料理ができる自信がなくて通り過ぎてしまうことはありませんか。今回から4回のシリーズでは、ちょっとした工夫で、旬の魚介のおいしさを再発見できる調理法を紹介します。

 まずは、カツオ。うまみが強い半面、時間が経つと出てくる特有の血生臭さが苦手な人もいるかもしれません。これを隠す技のうち、塩を振って臭み成分を溶け出させる、焼き付けて香ばしさをプラス、香りのよい野菜や調味料の助けを借りる、という三つを駆使します。

 青ジソ、ミョウガ、トウバンジャンなど一つひとつは個性の強い材料が、絶妙なバランスでカツオを引き立てます。思い切って手であえることで、よい風味が全体にいきわたります。

 たたきに添えるタマネギやニンニクがどうも……という人にもおすすめ。料理監修・吉田勝彦さんのお店のまかない料理から生まれた、とっておきのレシピです。(栗田優美)

カツオの中国風たたき

材料(2人前) 料理監修:吉田勝彦(中国家庭料理ジーテン)

□ カツオ 刺し身用さく300g(お茶漬けの分を含む)

□ 塩 2つまみ

□ 青ジソ 6枚

□ 長ネギ 1/4本

□ ミョウガ 1個

□ サラダ油 小さじ1

□ すりゴマ 小さじ2

□ しょうゆ 大さじ2

□ ゴマ油 大さじ1

□ トウバンジャン 小さじ1/2(辛いのが苦手なら入れない)

【作り方】

①カツオに塩を振り、指で全体に広げてそのまま置く。青ジソ、長ネギ、ミョウガをみじん切りにする。

拡大する写真・図版長ネギ、ミョウガは縦半分に切り、3、4本縦に切り込みを入れてからそろえて横に向け、端から刻む

②塩をまぶしてから10分ほど経…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら