[PR]

1976年製作「タクシードライバー」

 「You talkin’ to me ?」(あんた、俺に話しかけてるのか)

 薄笑いのロバート・デニーロが、暗い安アパートの自室で、挑発するように話しかける。部屋には誰もいない。相手は、鏡に映った自分自身だ。この言葉を4度繰り返した後、素早く拳銃を取り出し、勝ち誇った表情で銃口を鏡に向ける……。

 1976年製作の「タクシードライバー」にKOされた人間なら、一度は自分でも真似(まね)たことがあるのではないか。映画史に残る不穏な名シーンだ。

拡大する写真・図版「タクシードライバー」のロバート・デニーロ

女性にこてんぱんにフラれ、社会への不満を日記に

 デニーロ演じるトラビス・ビックルは、26歳のタクシー運転手。大都会ニューヨークの片隅で、孤独に暮らしている。女性との付き合い方も知らず、大統領候補の選挙事務所に勤めているベッツィ(シビル・シェパード)にこてんぱんに振られてしまう。彼女が電話に出てくれなくなると、逆ギレして勤め先に乗り込み、「お前のような人間は地獄に落ちろ!」と捨てゼリフを吐いて、つまみ出される。

 トラビスは日記を付けている。…

この記事は有料会員記事です。残り2383文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。