[PR]

 今国会で初めて開かれた28日の衆院憲法審査会。自民党の中谷元・元防衛相と立憲民主党の辻元清美・前国会対策委員長が火花を散らす一幕があった。憲法論議に深く関わってきた2人だが、ぶつかったのは憲法の中身でも改正手続きでもなく、審議日程をめぐる駆け引きについてだった。

 与党側が2年前に提出した国民投票法改正案は、今国会まで継続審査が続いている。提出当時、中谷氏が衆院憲法審の与党側の責任者である筆頭幹事、辻元氏は立憲民主党の国会運営を取り仕切る国会対策委員長を務めていた。

 28日の自由討議のなかで、口火を切ったのは中谷氏。野党側との当時の交渉について「現場としては丁寧に円満に協議をしていた」との認識を示したうえで、「ところが、立憲民主の国対委員長が『こんなもんは突っぱねてこい』といきなり指示をされて申し合わせがほごにされてしまった」と指摘した。名前は挙げなかったが、辻元氏を批判したのは明らかだった。

 さらに「現場で真摯(しんし)…

この記事は有料会員記事です。残り449文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り449文字有料会員になると続きをお読みいただけます。