[PR]

 長崎市停泊中に新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ客船コスタ・アトランチカ(イタリア船籍、8万6千トン)の船内にいる乗員全員の陰性が28日までに確認された。長崎県が同日、発表した。運航会社は5月末の出港に向けて最終調整を進めている。

 船内では4月20日~5月4日に149人の感染が確認された。運航するコスタクルーズ社は陽性者を乗せたままでは出港できないとして、入院者を除く140人あまりを再検査。陰性が確認された人から順次空路で帰国させてきた。28日までに全員の陰性が確認され、出港の条件が整った。

 29日時点で船内の乗員は145人になる見込み。28日に陰性が確認されていた外国籍の40代女性が長崎市内の感染症指定医療機関に入院し、入院者は計4人となった。(榎本瑞希)