[PR]

 山口県下関市内で一時行方不明になった60代の女性を発見したとして、長府署は28日、理容業の藤井勇さん(46)=同市豊田町矢田=と、建設業の土井裕二さん(48)=同市豊田町八道=に感謝状を贈った。

 署などによると、女性は軽度の認知症で、今月14日夜から15日朝にかけて自宅からいなくなっていた。

 藤井さんと土井さんは、下関市消防団豊田方面隊豊田中分団に所属する。豊田中分団に、女性の捜索依頼があったのは15日午前11時半ごろ。2人は署員らとともに総勢73人で捜索。依頼から約3時間半後、空き家近くの雑木林で倒れている女性を2人が発見した。

 当初、藤井さんと土井さんに割り当てられた捜索ルートは別の区域。一通り回り終えた後、「他の人が見ているだろうが、念のため」と空き家付近を見に行った。

 かすかなうめき声に気づいたのは藤井さん。女性を見知っていた土井さんも、その声で確信したという。当時現場周辺は、激しい雨と風が吹いており、女性は話ができないほど衰弱していた。

 土井さんは「ひたすら捜した。救助できてよかった」。藤井さんは「今後も活躍できるよう頑張っていきたい」と話した。(寺島笑花)