[PR]

 新潟県十日町市が、同市出身で県外在住の学生に、地元の特産品が選べるギフトカタログを贈ることを決め、25日から市のホームページで希望者を募集している。新型コロナウイルス対策で県は県外との往来を抑えるよう呼びかけており、帰省を控える学生を応援する気持ちを込める。きもの産地らしく、正絹のマスクも贈る。

 ギフトカタログは、市内の「道の駅クロステン十日町」が扱うもので、1冊4400円。通常は51点の商品から1点を選ぶが、今回は市が希望者にマスクを同封のうえ、二つの商品が選べるようにした。市は18日付で専決処分した総額約2億9740万円の一般会計補正予算に関連事業費1千万円を盛り込んだ。申し込みは9月末まで。

 関口芳史市長は、25日の定例記者会見で「改めて市の魅力を発信できる上、学生に自ら選んでもらうことで故郷への思いを強くしてもらえたらいい」と狙いを明かした。(松本英仁)