[PR]

 トランプ米大統領のツイッターから始まった主要7カ国首脳会議(G7サミット)の米国開催に、日本政府が頭を悩ませている。各国の感染が収束したといえない状況での開催は、感染防止という難題をはらむ。実現すれば、安倍晋三首相が帰国後に2週間、首相公邸などで待機するという異例の事態となりそうだ。

 トランプ氏がツイッターで、米国内でのG7開催を検討していると表明したのは日本時間の20日深夜。米政府はテレビ会議形式での開催を発表していただけに、日本政府は事実確認に追われたが、米政府関係者も困惑していたという。

 複数の日本政府関係者によると、米側からは先週、6月25~26日の日程で打診があった。首相は25日の記者会見で「諸般の事情が許せば参加したい」と述べたが、参加に慎重な国もあるといい、外務省幹部は「本当に開催できるか、ギリギリまで分からない」と漏らす。

 壁になっているのが水際対策だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら