[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちのくらしや社会を大きく変えました。直面する不安に、どう向き合い、乗り越えていけばいいのか。各界で活躍する人たちに尋ねました。

拡大する写真・図版料理研究家のコウケンテツさん=山本和生撮影

朝ご飯が菓子パンの日も

 僕の生活もずいぶんと変わりました。緊急事態宣言が発令され、3人の子どもは学校や保育園に行けず、イベントなどは中止。リモートワークになりました。妻はマネジャーで共働きです。家で3人の子どもをみながら、撮影も自宅でするようになり、普段より負担は増えた。毎日がドタバタでした。

料理研究家。ユーチューブチャンネル「Koh Kentetsu Kitchen」を開設。著書に「コウケンテツのだけ弁」(扶桑社)など多数。テレビ番組「たべごころ」(RKB毎日放送)にも出演中。

 外食はできないし、出前もお総菜も限られる。多くの人が料理をせざるをえなくなった。「作るのがつらい」。聞こえてきたのは、家庭で料理を担う追い込まれた人の声。それは女性、特にママたちでした。以前からそうだったと思いますが、改めて食卓の負担が、一人にかかりすぎている、それが露呈したと思います。

 家族のために3食をつくるのは、料理が生業の僕でもしんどい。僕は以前、「手料理が子どもの未来をはぐくみます」なんて言ってました。本当に謝りたい。毎日なんてできません。うちも朝ご飯が菓子パンのことも。子どもは案外喜ぶんですよね。長男と長女はサンドイッチや卵料理など、自分たちで朝食を用意することも増えました。パパやママが大変なのをみかねて、家事のお手伝いもしてくれるようにもなりました。

記事後半では、これからの食卓のあり方についても語っています。

■日本の家庭は手料理をがんばり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら