【動画】日本代表主将の篠山竜青選手、BリーグMVP田中大貴選手がオンラインで対談した(本編は記事後半にあります)
[PR]

 バスケットボールの男子日本代表の13年ぶりのワールドカップ(W杯)出場に始まり、新型コロナウイルスの影響による東京五輪の延期とリーグ戦の打ち切り――。バスケット界にとって激動の2019~20年シーズンを、日本代表主将の篠山竜青(31)=川崎=とBリーグMVPの田中大貴(28)=A東京=がオンライン対談で振り返る。

 田中 外出を自粛しているからでしょうけど、覇気が無くなっていませんか? 「戦う男」という感じが抜けちゃってますよ。

 篠山 自分でも感じる。なんか、トローンとしちゃってるよね。目が開ききっていないというか。家にいるとダメ。スイッチが入らない。あっ、MVP受賞、おめでとうございます。

 田中 ありがとうございます。でも、シーズンが途中で終わってしまったので、いろいろ思うところはあります。

「続けるのは難しいかなって」

【動画】「難しいよなという思いは正直あった」。田中選手はリーグ中断について振り返る。

 ――19~20年シーズンは異例の経過をたどった。

 篠山 左ひじを脱臼した自分を含め、川崎はケガ人を抱えながらも勝率はリーグ2位タイ。優勝が近くにあるという手応えを感じていました。それだけに、シーズンの終了は非常に残念。けれど、いまの状況を考えると、あの時点での決断は良かったと思います。

惨敗したW杯を経て、来季、そして東京五輪へ。二人の本音を聞きました。動画本編もご覧ください。

 田中 A東京にとっては3連覇…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら