[PR]

 長時間のオンライン学習は、同じ時間のゲームよりも小学生を疲れさせる傾向があることが、群馬大や宇都宮大などの調査で分かった。新型コロナウイルス感染拡大による休校でオンライン学習が進むなか、子どもの心身への影響も考慮するよう呼びかけている。

 調査を行ったのは、伊藤賢一・群大社会情報学部教授や川島芳昭・宇都宮大共同教育学部准教授、福岡市のNPO法人「子どもとメディア」などでつくる研究プロジェクト。5月上旬、インターネット上で小学生の保護者1300人に調査を行った。全国に緊急事態宣言が出されていた4月20~25日のネット環境やオンライン学習、ゲームなどオンライン娯楽の時間などを尋ね、結果を5月27日に発表した。

 それによると、35%がスマートフォンやパソコンなどのICT(情報通信技術)機器を今回新たに使い始め、ネットが使える環境にある子は9割を超えた。学校でオンライン指導が始まったのは1割程度だが、塾の指導や自主的な視聴も含め、半数以上がオンライン学習をしていた。

 グループはさらに「肩が凝る」「目が疲れる」など子どもの体調から疲労度を算出し、関連を分析。機器を使う時間が長いほど、子どもの疲労度が高かった。特にスマホは疲労度が高くなる可能性があるという。テレビも含めたメディア接触が1日4時間超の子のうち、オンライン学習が3時間以上(82人)だと疲労度の高い子が20%にのぼったのに対し、オンライン娯楽が3時間以上(118人)では7%にとどまった。

 小さな画面を見ることによる目…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら