[PR]

 菅義偉官房長官は29日午前の閣議後会見で、新型コロナウイルスの新規感染者が再び増えている北九州市の状況を問われ「第2波がいま来たと考えていない」との見解を示した。同市の医療提供やPCR検査の態勢は十分整っているとも指摘し、「ただちに再び緊急事態宣言を発出する状況に該当するとは考えられない」とも話した。

 菅氏はまた、同市などの自治体と連携しながら感染拡大防止に取り組む考えを示した。政府は29日午後に開く専門家会議でも、同市の感染状況について専門家から意見を聴く予定という。

 同市では28日までの6日間で43人の感染者が確認され、うち21人の感染経路がわかっていない。一方で菅氏は、市内で93床の病床が確保され、28日には110件のPCR検査をしたとして、「現時点では適切な範囲内で対応している」と述べた。