拡大する写真・図版ブラジリアで27日、ボルソナーロ大統領の支持者宅の捜索を終えた警察官=ロイター

[PR]

 南米ブラジルの警察は27日、ボルソナーロ大統領の支持者のブロガーらがフェイクニュースを流したり、裁判所を威嚇したりした疑いがあるとして、捜査を始めた。現地メディアによると、有力支持者の関係先など29カ所が一斉に家宅捜索された。ボルソナーロ氏は表現の自由の侵害だと批判しており、28日には「もう限界だ。私の手には民主主義の武器がある」と反発した。

 捜査対象となっているのは、「憎悪の司令室」と呼ばれるグループ。ボルソナーロ氏の息子らも関与しているとされる。ブロガーのほか、ショッピングセンターやスポーツジムの経営者らも家宅捜索を受けており、経営者らがフェイクニュースサイトに資金提供していた疑いもある。

 フェイクニュースの具体的な内容は明らかになっていない。ただ、このブロガーらは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、外出自粛を呼びかけているサンパウロ州知事について「独裁者だ! 店を閉めさせ、携帯を監視し、外出すれば逮捕する。足りないのは死刑だけだ」などと投稿。メディアや知事が中国共産党の影響下にあり、新型コロナも世界保健機関(WHO)による陰謀だとにおわせるツイートもしていた。また、外出自粛に反対するボルソナーロ氏と対立をした最高裁判事も侮辱する発言をしている。

 ボルソナーロ氏は27日夜、ツ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら