ブルーインパルス、都心ど真ん中を初飛行 医療に感謝

有料記事

伊藤嘉孝
【動画】ブルーインパルスが医療従事者に感謝し都心上空を編隊飛行
[PR]

 新型コロナウイルスに対応する医療従事者に感謝を伝えようと、航空自衛隊ブルーインパルスが29日、東京の都心上空で編隊飛行を行った。

 空自入間基地(埼玉県)を離陸した6機は、午後0時40分ごろから、都心上空1千メートル前後を約20分飛行。JR東京駅東京タワー、都庁などのそばを通り、白のスモークを出して6本の線を描いた。空自によると、ブルーインパルスは旧国立競技場の上空を飛んだことはあるが、「東京駅などの都心ど真ん中を飛んだのは初めて」(空自幹部)という。

 人の密集を招かぬよう、空自は飛行する場所や時間を、当日になってからツイッターなどで公表した。多くの人が見られるよう、本番の写真や動画もツイッターに投稿する。

 街では空を見上げる人の姿が…

この記事は有料記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!