拡大する写真・図版「ソーシャルディスタンス亭」をオープンさせる落語家の露の団姫さん=2020年5月25日、兵庫県尼崎市

[PR]

 臨時の落語寄席「ソーシャルディスタンス亭」が6月1日、兵庫県尼崎市西長洲町にオープンする。席間は1~1・5メートル程度で最前列の人らに手作りのフェースシールドを渡す。

 コロナ禍で大阪・天満天神繁昌(はんじょう)亭が6月末まで休館になったのを受け、落語家で僧侶の露の団姫(まるこ)さん(33)が寺に改装予定の元割烹(かっぽう)店に高座を作った。

 長らく外出自粛を求められ、団姫さんにとっても3月以来の高座となる。客は最大15人で、「無理のない範囲で、お互いに社会的リハビリを」。

 問い合わせは、露の団姫事務所(06・7175・0005)。(篠塚健一)