[PR]

 長時間のオンライン学習は、同じ時間のゲームよりも小学生を疲れさせる傾向があることが、群馬大などの調査で分かった。新型コロナウイルス感染拡大による休校でオンライン学習が進むなか、子どもの心身への影響も考慮するよう呼びかけている。

 伊藤賢一・群馬大社会情報学部教授や福岡市のNPO法人「子どもとメディア」などが5月上旬、インターネット上で小学生の保護者1300人に調査。全国に緊急事態宣言が出されていた4月20~25日のネット環境やオンライン学習、ゲームなどオンライン娯楽の時間などを尋ね、結果を5月27日発表した。

 それによると、35%がスマートフォンやパソコンなどのICT(情報通信技術)機器を今回新たに使い始め、ネットが使える環境にある子は9割を超えた。学校でオンライン指導が始まったのは1割程度だが、塾の指導や自主的な視聴も含め、半数以上がオンライン学習をしていた。

 グループはさらに「肩が凝る」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら