中国の鉄道事業にブレーキ、目立ち始めた「火の車」収支

有料記事米中争覇

モンバサ=奥寺淳
[PR]

 大国としての意識を強める中国は、習近平指導部が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」を通して、周辺国や発展途上国を中心にその影響力を強めた。しかし、その勢いは米国をはじめ国際社会の警戒と批判を呼んだ。中国が取り込みを図る主要地域であるアフリカでも、事業が万事順調というわけではない。

 インド洋に面したケニアの港町、モンバサ。南国の香りがするこの街から、ゾウや牛が草をはむサバンナを横切り、内陸のナイロビまでの約480キロの区間を列車が走っている。

 2017年に開業したこの鉄道は、第1期分として中国がケニアに約3200億円を融資し、中国企業が建設した。

 今年1月にケニアを訪れ、実際に列車に乗って視察した中国の王毅外相は、「モンバサ―ナイロビ鉄道は大成功だ。中国とアフリカのウィンウィンの関係の手本であり、『一帯一路』の成果でもある」と自賛した。

 2月、記者もモンバサからナイロビまで約5時間、この列車に乗った。

中国側が成功をアピールする鉄道事業ですが、実態は厳しいようです。後半では、追い打ちをかける米国の動きを追います。

 車両にはケニアと中国国旗が…

この記事は有料記事です。残り2206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!