拡大する写真・図版石井正則さん

[PR]

 フィルム写真の愛好家としても知られる俳優の石井正則さん(47)。ここ数年、ハンセン病療養所にレンズを向けてきた。「強制隔離という歴史を背負う療養所が持つ『記憶』をフィルムに収めたかった」と語る石井さんに、撮影を通して感じたことや、ハンセン病差別と新型コロナウイルス感染者への中傷との共通点について尋ねた。

 石井さんは俳優業の傍ら、8インチ×10インチや35ミリのカメラを携えて全国に13ある療養所を3年かけて巡った。きっかけは、ハンセン病のドキュメンタリー番組を目にしたことだった。

たまたま見た番組 何かに導かれるように

 「それまでハンセン病に関心があったわけではありません。たまたま番組を目にし、何かに導かれるように始めました。療養所が持つ『場の記憶』や『空気感』をフィルムに収めたいと思ったのです」

 「足を運ぶと、建物や施設の老朽化が進んでいる所もありました。今、フィルムに残さないといけないという使命感がわきました」

 「らい菌」によるハンセン病は…

この記事は有料会員記事です。残り1099文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。